投資

キャッシュレス決済のメリットは?

キャッシュレス決済のメリットは「お得」です。

キャッシュレス決済のメリット


消費税増税と共に実施された国の「キャッシュレス・消費者還元事業」
によってキャッシュレス化が急速に普及しています。

キャッシュレスのメリットを上げると、
【①財布の中身が軽くなる。】
現金決済の場合、どうしても1円や5円などの小銭が財布に
ずっしりとたまってしまい、重い財布を持ち歩くことになります。

その点キャッシュレス決済ならお釣りが発生しないので、
小銭の悩みはなくなります。

【②支払いがスムーズ。】
現金の支払いは、お金のやりとりがあります。
その度に小銭を探し、支払うのは時間がかかります。

コンビニなどで支払いにモタモタし、レジに行列ができると
イライラしてきますね。キャッシュレス決済なら支払いが
一瞬でできます。

また最近増えている無人レジが使えます。
無人レジは、お昼の激混みコンビニでも空いていますので
非常に便利です。
例えば、お茶一本買う場合、自分の家の冷蔵庫のようにサッと
取り出し、バーコードを「ピッ」と読み取り、キャッシュレスで
支払えば、すぐに決済を済ませることができます。

【③対象店舗で還元がある。】
今なら国のキャッシュレス還元キャンペーンを実施中です。
対象店舗なら5%または2%還元ありです。

【④ポイントがたまる。】
現金払いならポイントカード等でポイントがたまる店舗が
ありますが、キャッシュレス決済ならチャージしたり、クレジットカード
決済にするとポイントがさらに貯まります。

キャッシュレス・消費者還元事業

中小・小規模店舗には導入費用や決済事業者の手数料などを支援します。
消費者にはキャッシュレス決済することで、最大5%をポイント還元
します。登録加盟店舗は全国86万店もあるので、あなたの近所にも
対象店舗があると思います。

店舗 キャッシュレス決済還元率
【中小企業】
中小企業や個人が経営する
店舗(小売、飲食等)
5%
【フランチャイズ】
コンビニ、外食、
ガソリンスタンド等
2%
【大手企業】
百貨店、大手スーパー、
家電量販店等
なし

2020年6月までと期間が決まっています。キャッシュレス決済を
いますぐ始めないと損します。

主な対象となるキャッシュレス決済は電子マネーのスイカ、nanaco等、
QRコードのpaypay、楽天ペイ、LINE Pay等があります。

大手企業のデパートや大手スーパーは還元されませんので注意してください。

このマークが目印です。

アマゾンでも還元対象商品がありますよ。

マイナポイント25%(上限5,000円)がもらえる。

2020年9月から7ヶ月間「マイナポイント」の還元が予定されています。
確定ではありません。(予算案が今後の国会で成立することが条件のようです。)

【マイナポイントの申請手順】
①マイナンバーカードを取得する

②マイナポイントの申込:(好きなキャッシュレス決済を選びます。)

③マイナポイントを取得する:(申し込み時に選択した決済サービスでチャージまたは、購入すると決済事業者からポイントが付与されます。)

上限5,000円ですので、少ないように思えますが、こういったキャンペーンは
今後もあるかもしれませんので、キャッシュレス決済をやるしかありませんね。

-投資

© 2021 ファイナンス&副業(フィン副) Powered by AFFINGER5