仮想通貨

仮想通貨の実用性はこれから

実用にはまだまだ使われていない仮想通貨ですが、
日本での普及率はどれくらいなのでしょうか。

仮想通貨はどのように使われているのか?

現在最もメジャーであるビットコインを使用できる
店舗はどれくらいあるのでしょうか?

通信販売では、DMM.com、ビットコインモール、
チケットキャンプ等。

実店舗ではビックカメラ全店舗、
メガネスーパー全店舗、マルイの一部の店舗、
更に大手旅行代理店のH.I.Sなど、
東京だけでなく、北海道から沖縄まで
使用できる店舗があります。
意外に多いですよね。

しかし普及するのはまだまだこれからです。

今までにない革新的なものが世の中
に登場した時は、人々に受け入れられる
までに時間がかかります。

その目安は普及率が10%を越えた時と言われています。

インターネット、携帯電話も同じ広がり方をしていますが、
普及率が10%を越えたあたりから爆発的に普及します。

携帯電話もそうですが、自分だけ使用できても普及しません。
相手も使うことができて初めて普及します。

2020年には東京オリンピックが開催され、外国人が大量に
来日します。その時に仮想通貨が店舗で使用できれば日本円に
両替しなくても良いので、とても便利ですよね。

ビットコインを決済に使うのはもったいない

個人的には無理に実店舗でビットコインを決済に使うのは
もったいない気がします。

これから上がる可能性の方が高いと思っているので、
できる限りビットコインを持っておこうと考えているんですね。

しかし、実店舗で使う人が増えないと、いつまでたっても
仮想通貨は普及しましせんし、
店舗側でも導入しなくなってしまいます。

使う人が増えれば、それだけ需要が増え、
価格が上昇しますので、今仮想通貨を持っている人は、
保有しておいて、店舗で使うことを心掛ければ自分が
持っている通貨も上がる! winwinの関係になります。

仮想通貨に投資するということは、言い換えれば、
仮想通貨の普及に投資しているということです。

-仮想通貨

© 2021 ファイナンス&副業(フィン副) Powered by AFFINGER5