仮想通貨

時価総額2位の仮想通貨イーサ(ETH)はこれから伸びるのか?

ビットコインに次ぐ時価総額2位のイーサリアムですが
将来性はかなりあります。2017年も数十倍値上がりしましたが
2018年更なる高騰が予想されますよ。

イーサリアムとは

公開日 2014年1月2日
名称 Ethereum
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work→Proof of Stakeへ
将来移行
ブロック報酬 3ETH
ブロック生成間隔 およそ15秒毎
トランザクション承認 非許可型
公開範囲 パブリック
ブロックチェーン 独自新規ブロックチェーン
上限発行量 未決定(初期発行:7200万)
公式サイト https//www.ethereurn.org/

イーサリアムは、世界中の誰もが利用でき、
政府の検閲を受けず、電力供給される限り止まることのない
「ワールドコンピューター」の実現をめざしていて、
チューリング完全な独自プログラミング言語「Solidity」
を導入しています。

この「チューリング完全」とは、どうゆうことかというと、
どんなアルゴリズムでも記述を可能にするということです。

そのため、ビットコインのブロックチェーン上では、
ビットコインという価値の管理しかできませんでしたが、
イーサリアムではブロックチェーン上に何を実行するかを
自由に設定することが可能になります。

イーサリアムの内部通貨であるイーサは円と換金できますが、
仮想通貨と思われがちです。しかし実はちょっと違います。

不動産などの契約情報、取引情報の過去のすべての記録を
ブロックチェーンでデジタル化し管理するということで、
不動産など資産を管理するためのプラットフォームが
イーサリアムなのです。

たとえば、不動産登記は書式が統一されておらず、
素人にはわからないルールがたくさんあります。

なので専門家に依頼するしかありませんが、
そういった手続きが自動化され、パソコンやスマホから
簡単な手続きだけで利用できるようになれば便利になります。

スマートコンストラクト

ブロックチェーン上で、記述されたプログラミングを
自動で実行させる仕組みを「スマートコントラクト」
と呼びます。

「スマートコンストラクト」という言葉はいろんな意味で使われ

正確に定義することは難しいですが、一般的に、
効率的に契約(合意)を行うことができるものといった意味合いで使われます。

例として、自動販売機に例えて説明すると

1.自動販売機に販売されているジュースとその価値が表示される。
2.買いたいジュースの価格分のお金を自動販売機に入れる。
3.購入したいジュースを選択する。
4.自動販売機が選択されたジュースを排出し、購入代金を売上として貯蔵する。

この一連の流れは、契約を行う行為と同様で、自動販売機は
人間の介入なしで自動的に受け付けています。

スマートコンストラクトはこの自動販売機の例のように、
一定の条件と成果を設定し、自動的に受付、履行を行うものです。

スマートコントラクトを使うことで、特定の管理者なしに
プログラムの正常な履行をイーサリアムのシステムで
担保できるため、これまでのサービスの仕組みを
大きく変える可能性があります。

イーサリアムのプラットフォームを使用する
イーサリアムは、ネットワークにつながったコンピューターどうしが
相互承認すればよいため、サーバーを用意しなくてもよく、
初期コストがかかりません。

また、イーサリアムでは、すでにいろいろな開発者用モジュールが
出回っています。それらを組み合わせれば、一からシステムを作るよりも
開発コストがかかりません。

こういった点がイーサリアムを使用する利点であります。

イーサリアムは完全体ではない

イーサリアムはリリースされてから4段階の
アップデートを行う事があらかじめ決められています。

イーサリアムで行われるようなアップデートの
ハードフォークはあらかじめ決められており、
コミュニティの一定数が合意を表明していますので
ビットコインのような混乱は起きません。

イーサリアムハードフォークアップデート

イーサリアムでは以下、4段階のハードフォークアップデート
を行う計画で開発が進められています。

1.フロンティア(frontier)2015年7月~
2.ホームステッド(homestead)2016年3月~
3.メトロポリス(metropolis)2017年10月~
4.セレニティ(serenity)未定

これらの4段階に分かれます。
各アップデートにより、性能がアップし、完全体になっていきます。

Serenity のハードフォーク時期は 2017年予定でしたが、延期になっています。

来年ハードフォークすると予想されますので、情報が出たときに
高騰する可能性があります。要チェックですよ。

これからのイーサリアムの展望は?

エンタープライズイーサリアム

イーサリアムは、すでにマイクロソフトのAzureプラットフォーム
にも導入されています。

また、 イーサリアム技術を活用した
最新鋭のコンピューターシステムの
構築を目的とした
「Enterprise Ethereum Alliance
(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)」
に参加することをマイクロソフト、
JPモルガンやインテルなど 大手企業が
参加することが発表されました。

この発表の後、イーサリアムの価格は上昇しています。

イーサリアム考案者 ビタリック・ブリテン

イーサリアムの考案者は若き天才ビタリック・ブリテン氏
です。19歳のときに考案したというのですからすごいです。

現在23歳ですが、仮想通貨界を引っ張っていく存在でもあります。

彼が係わっているプロジェクトということで
信用が得られていることもあります。

2017年イーサリアムは約50倍になりました。
たった一年で50倍です。ビットコインよりも上昇率はすごいです。

2018年に50倍は見込めませんが、上がる可能性は十分に
あります。要注目です!

イーサリアムが買える取引所は

イーサリアムを買うとこができる取引所は、コインチェック、ビットフライヤー、ビットバンク、GMOコイン、DMMビットコインなどがあります。

-仮想通貨

© 2021 ファイナンス&副業(フィン副) Powered by AFFINGER5