仮想通貨

Coincheck(コインチェック)の口座開設方法

Coincheck(コインチェック)の口座開設の手順は

・メールアドレスとパスワードでアカウント登録
・SMS認証
・本人確認
・二段階認証の設定
です。

仮想通貨を買うためにはの口座開設が必要

Coincheckで仮想通貨の購入や売却、送金するには、アカウント登録を行い、口座を開設する必要があります。

口座を開設すれば、取引に必要な現金をCoincheckに振り込んで、すぐに仮想通貨の取引を始めることが可能です。

また、口座にある仮想通貨を他のユーザーへ送金したり、反対に他のユーザーから仮想通貨を受け取ることもできるようになります。

Coincheckのアカウント登録とSMS認証方法


仮想通貨取引用の口座開設のためには、まずアカウント登録ページ上でメールアドレスとパスワードを入力します。

コインチェックアプリからでも、Coincheckの公式サイトからでも新規登録は可能です。

入力後にアカウント作成ボタンをクリックすると、登録済みのメールアドレス宛てにメールが送信されてきます。

メールにURLが貼り付けられていますので、そのURLをクリックすればアカウント登録が完了します。

続いて、SMS認証を行います。

SMS認証は、携帯電話番号宛にメッセージとして送られてきた6桁の「認証コード」を、Coincheckのサイト上で入力すれば完了です。

Coincheckの本人確認方法

Coincheckでの本人確認は『iOS/Androidアプリからでのお申し込み』と『Webからのお申し込み』の2種類があります。

Webからの申し込みは当社審査後、ハガキの受け取りで完了となりますが、アプリからのお申し込みは「かんたん本人確認」で審査が完了すればすぐに利用可能になります。

「かんたん本人確認」とは、スマートフォンアプリで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影、送信することで、インターネットで口座開設の手続きが完結するサービスです。

※現在の住所が記載されている本人確認書類が必要です。

登録住所へ本人確認ハガキの郵送は不要で、審査完了後、すぐに利用が可能となります。

iOS/Androidアプリからの本人確認

アプリからのお申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。

名前や性別、生年月日、住所などの基本情報を入力します。

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

場合によってはアプリからでもハガキによる本人確認の手続きをお願いする場合があります。

【登録可能な本人確認書類】
・運転免許証(表面と裏面)
・パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
・在留カード(表面と裏面)
・特別永住者証明書(表面と裏面)
・運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
・住民基本台帳カード(表面と裏面)
・個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

かんたん本人確認の手順

【手順①】
はじめに、「表と裏面を撮影」ボタンから、それぞれ書類の表と裏の写真を撮影してください。
パスポートを撮影する場合、「表面を撮影」では顔写真ページを撮影してください。「裏面を撮影」では所持人記入欄を撮影してください。

【手順②】
次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。
ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。
画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。

【手順③】
最後に、顔と本人確認書類の厚みの撮影を行います。
画面に顔と書類を写し、書類をゆっくりとイラストのように斜めに傾けて撮影してください。

撮影が終わったら「現在確認中です」と表示されます。審査完了までしばらく待ちます。
審査が完了し、承認となればCoincehckのすべての機能を利用できます。

Webからの本人確認

Webからの申し込みは、SMS認証が完了すると、お客様情報の登録および本人確認書類の提出を行います。

名前や性別、生年月日、住所などの基本情報を入力します。

次に、「IDセルフィー」(提出書類と本人がいっしょに写っている写真)を用意します。

例えば、運転免許証をアップロードする場合、運転免許証を手に持って、自分の顔を自撮りしてアップロードします。

次に、本人確認書類をアップロードしますが、使用できる書類は以下のいずれかとなります。

【登録可能な本人確認書類】
・運転免許証(表面と裏面)
・パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
・在留カード(表面と裏面)
・特別永住者証明書(表面と裏面)
・運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
・住民基本台帳カード(表面と裏面)
・個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。
・書類の提出が終わると画面に、「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されます。

Coincheck側で書類の確認ができれば、「本人確認完了」のメールと、住所確認用のハガキが住所に届けられます。

ハガキ受け取りを当社が確認した時点で、すべてのCoincheckの機能が利用可能となります。

二段階認証のやり方

Coincheckでは安全な取引のために、セキュリティ認証の強化としてSMSやGoogleの認証アプリ(Google Authenticator/iOS, Android)による二段階認証が採用されています。

二段階認証によって、悪意のある第三者からの不正アクセスを防止することが可能です。

Coincheckでは、上記のQRコードを読み込ませる際に、2台のスマホで同時にQRコードを読み込ませれば、2台のスマホでの二段階認証の設定が可能になります。

同時に設定することでいずれか一方のスマホでいつでもログインが可能です。

Coincheckへの入金方法

Coincheckへ日本円を入金する場合、選べる方法は3つあります。

「銀行振込での入金」「コンビニ入金」「クイック入金」の3種類です。

それぞれに入金が反映されるまでにかかる時間が異なります。

1. 銀行振込での入金

銀行振込での入金に関しては、年末年始などを除いた平常時は、全国銀行資金決済ネットワークのモアタイムシステムに参加している銀行からは、24時間振込みが可能です。

振込後、Coincheckによる確認が完了次第、アカウントへ入金が反映されます。

一方、ご利用の銀行がモアタイムシステムに加盟していない場合は、振込みの翌営業日以降、Coincheckによる確認が完了次第、アカウントへ入金が反映されます。

なお、システムメンテナンスの発生等によりアカウントへの反映に時間を要する場合があります。

入金用銀行口座は、「住信SBIネット銀行」「りそな銀行」「GMOあおぞらネット銀行」になります(2019年9月4日時点)。

2. コンビニ入金

コンビニ入金とは、コンビニエンスストア店頭で支払うことで日本円を入金する方法です。

全国のコンビニエンスストアで簡単に支払いが可能です。

対応しているコンビニエンスストアは、「ファミリーマート」「ローソン」「ミニストップ」「セイコーマート」になります(2019年9月4日時点)。

コンビニ入金もクイック入金同様、銀行振込と比べて口座への反映時間が短いのが特徴です。ただし、通常の銀行振込よりも手数料は高くなります。

3. クイック入金

クイック入金(ペイジー決済)とは、窓口などに並ぶことなく、ネットバンキング(PC、スマホ)・ATMから料金の支払いができるサービスです。

金融機関の営業時間に左右されずに、24時間365日決済が可能です。

銀行振込と比べて反映時間が短いのが特徴です。ただし、通常の銀行振込よりも手数料が高くなります。

-仮想通貨

© 2021 ファイナンス&副業(フィン副) Powered by AFFINGER5