仮想通貨

ビットコインキャッシュはビットコインを超えるのか?

ビットコインキャッシュは、ビットコインから
ハードフォークすることで誕生した仮想通貨です。

基本情報

公開日 2017年8月1日
名称 ビットコインキャッシュ BCH
コンセンサスアルゴリズム Proof of work
上限発行量 2100万
公式サイト https://www.bitcoincash.org/

ビットコインキャッシュは2017/8/1にビットコイン
を持っていた人に同じ数量を付与されました。

ただでもらえたということになります。

以降、ハードフォーク祭が始まりました。

ビットコインを持っているだけで、
ハードフォークコインがもらえて、
さらにフォークコインが値上がりすれば、
さらに儲かりますから、ビットコインは高騰しました。

ビットコインとの違い

なぜビットコインキャッシュが誕生したかというと、
ビットコインのブロックサイズは1MBで、
最近のビットコインの使用量が多くなってきたことにより、
ブロックサイズが足りなくなってきました。

その問題を解消するために、ブロックサイズを8MB
に大きくしたビットコインキャッシュが誕生しました。

ブロック生成時間がビットコインと同じ10分毎ですが、
1秒あたりのトランザクション処理がより多くなっています。

ビットコインキャッシュとビットコインの関連性

ビットコインとビットコインキャッシュは
全く違う仮想通貨ですが、仕様が似ているため、
マイニング業者は同じ機器を使用しています。

そのため、マイニングの難易度調整度合いにより、
ビットコインをマイニングしたり、
ビットコインキャッシュをマイニングしたりと、
マイナーの動向により、価格がビットコインが
上がるとキャッシュが下がる。
ビットコインが下がるとキャッシュが上がる動きをしました。

時価総額と現在の価格は

時価総額は現在第4位、最近リップルが爆上げしたので
3位から4位へ転落しました。

価格は現在20万前後を推移しています。
2017年8/1に誕生したときは約5万円、
一時30万円まで高騰しましたが、すぐに下落しました。

最近の有力アルトコインのイーサリアムやネム、
リップルの爆上げがあり、次はビットコインキャッシュ
では?と言われていますが、まだ爆上げは起きていません。

今年中に爆上げするのか、または来年なのか、
爆上げしないでズルズルと下げていくのか
今後の動向が気になります。

ビットコインキャッシュの今後は?

SBIがマイニングをすでに行っている

SBIの北尾氏はビットコインキャッシュのマイニングのシェアを
30%にすると発表しています。

SBIは来年仮想通貨取引所を開設予定、最初はビットコインのみ
扱う予定らしいですが、ビットコインキャッシュ(BCH)、
リップル(XRP)もいずれ上場するでしょう。

ビットコインキャッシュ、のVisaデビッドカードができる

ロジャーバー氏はVisaデビッドカードを
リリースすると発表しました。

より実用性が高まってきますね。

ロジャーバー氏はビットコインに代わり、
ビットコインキャッシュを推しています。

【ロジャー・バー氏がビットコインキャッシュの今後を言及しています】

ビットコインキャッシュこそが真のビットコインだと
主張するほどですので、
アルトコインの一種というくくりではないのでは?

今後ビットコインは価値の保存的な役割、
ビットコインキャッシュは
実用性を重視した役割になっていくのではないでしょうか。

2018年はビットコインキャッシュに注目ですよ!
(私も徐々に買い集めています)

-仮想通貨

© 2021 ファイナンス&副業(フィン副) Powered by AFFINGER5