仮想通貨

NEM爆上げ1日で2倍以上に、ネムの特徴とは

現在 時価総額第10位のネム
ネムも2017年のみで上昇率は約150倍と
モナコインに次いで上昇しています。

基本情報

公開日 2015年3月31日
名称 ネム XEM(NEM)
コンセンサスアルゴリズム Proof of Importance
開発者 Utopianfuture
ブロック生成間隔 約1分
上限発行量 89億9999万
公式サイト https://nem.io/

ネムの機能は、独自トークン発行、
分散型取引所、マルチシグネクテャー
メッセージ送信などが使用できます。

ネムが独自に開発したプルーフ・オブ・インポールタンス
(略してPol)という承認の仕組みを導入しました。

ネムは最初にコインが全て
(上限発行量89億枚)発行されているので
報酬は取引手数料が原資です。

ネムが開発したPolは、PoSの課題を
解決するために開発されました。
(PoWとはプルーフ・オブ・ワーク、
PoSとはプルーフ・オブ・ステークです。)

PoWは、分散型ネットワークの運営のために、
計算に使用する大量のコンピューターを
稼動させる電力が必要になります。

そのため、大規模なコンピューター
を動かすことができる一部の
お金持ちのみに報酬が入ってしまいます。

だれでもネットワークを支える
ノードの参加者となれる一方で、
報酬がお金持ちに偏ってしまう可能性があります。

このネムの開発者は、この富の偏りの課題はPoSでも
解決できないと考えました。

Polはネムへの貢献度で重要度が変わる

Polではネムコミュニティへの貢献度によって
独自の指標である「重要度」
を決める仕組みになっています。

重要度の高いユーザーからブロックを生成し、
報酬を得ることができます。

このユーザーの重要度は、
実際は複雑な計算式で決定されます。
コインの量と取引の回数が強く影響します。

そのため、ただコインを多く持っているだけでは
「重要度」が高いと評価されず、
コインの取引回数も必要となるため、
必然的に富の分配が行われることになります。

また、同一アカウント間で何度も取引を繰り返しても
重要度に影響しないため、意図的に重要度を上げることが
難しくなっています。

このようにネムは、マイニング方式に富の分配を行う
仕組みを取り入れているところが特徴です。

現在のネムの価格は?

ネムは2017年12月10日現在 約45円前後を推移
しています。

つい先日まで、22円〜30円くらいをずーと
レンジ相場で動いていましたが、12月9日にあるウワサに
よって、70円台まで高騰しました。1日で2倍以上です。

あるウワサとは、中国版ラインのようなアプリ
「WeChat」がネムと提携したというウワサです。

その後、提携ではなく、スマホアプリの
「WeChat Nem Wallet」が誕生したということでした。

その情報がTwitterなどで更に拡散し
価格が下落!現在は45円前後になりました。

このようなウワサ一つで一気に爆上げしてしまうのが
仮想通貨です。

しかし、このウワサで今までなかなか超えられなかった過去最高値
を超えてしまいました。

ネムは上がる上がると言われていましたし、
日本のコミュニティーがあり、ネム推し、ネムファンが多くいる
通貨ですので、これくらいのポテンシャルを持つ通貨だったという
ことが証明された出来事だったと思います。

ネムも今後が楽しみです。

-仮想通貨

© 2021 ファイナンス&副業(フィン副) Powered by AFFINGER5